胃がんリスク層別化検査(ABC分類)

販売価格
9,900円(内税)
購入数
郵送で簡単検査!
「自宅で採血」→「採血後キット付属の封筒で郵送」→「結果が郵送で届きます」
当血液検査キットは、組み合わせ医療機器として厚生労働省から承認されています。


【製品のご説明】
現在、国内の死亡原因の1/3が悪性新生物(がん)によるものです。

胃がんは、がん部位別死亡順位では女性では1位、男性は2位となっています。
しかし、早期発見できれば5年生存率が90%と高く、早期発見・早期治療が重要だと言われています。

胃の調子が気になる、検査をしたいけど時間がない、バリウムは苦手。
胃カメラはちょっとこわくて・・・そんな方に自宅でできる胃がんリスクチェックをお勧めします。

ピロリ菌に対する抗体と胃の炎症や萎縮の度合いを反映するペプシノゲンを測定し、その組み合わせから胃がん発生リスクA群〜D群に分類し評価する検査です。胃がんが心配な方におすすめです。

<胃がん発生リスク分類> 参考



※A群:胃がんのリスクはほとんど見られない状況です
※B群〜D群:内視鏡検査等の適切な精密検査と治療を行うことが推奨されています。
※ピロリ菌除菌治療を過去に受けたことがある方は、ABC分類上「E群」に分類されます。除菌により胃がんになるリスクは低くなりますが、ゼロになるわけではありませんので、除菌後も経過観察が必要です。


【検査項目】
ピロリ菌抗体
ペプシノゲン

【検査内容】
この検査キットでは、ピロリ菌に対して体内で作られる抗体の量の測定とペプシノーゲン検査を行います。
ピロリ菌は胃の内部に生息細菌で、胃潰瘍や十二指腸潰瘍、胃炎などの原因細菌 と考えられています。
ペプシノーゲン検査は胃の内部の粘膜状態を調べることにより、胃粘膜の萎縮を検査します。 胃の萎縮は胃がんのリスクの一つとされています。
ABC分類は、ピロリ菌感染の有無(ピロリ菌抗体価)と委縮性胃炎の有無およびその程度(ペプシノゲン値)を測定・判定し(ペプシノゲン法)、二つの検査結果を組み合わせ、 胃がんになりやすい状態かどうかをA群〜D群の4段階で分類します。A群→B群→C群→D群の順に胃がんの危険度が高くなります。
ABC分類は、がんそのものを見つける検査ではなく、分類することにより精密画像検査(内視鏡検査など) の対象者を振り分けるものです。つまり限りなくリスクが低い群(A群)を精密検査対象者から除外することができる効率的な胃がん検診方法です。

【キット一式】
・採血用器具:ランセット2つ、吸引器
・血液分離用器具:ボトル(溶液入り)、シリンダー、密閉キャップ
・その他:バンソウコウ、消毒布、返送用封筒、腹囲測定用メジャー



【検査の流れ】
ご注文
ご注文後、約1週間程度で検査キットが郵送で届きます。
同封の使用方法の手順通りに採血を行ってください。

採血・投函
採血後「検体」「同封の問診票」「医療ごみ(使用済みキット)」を同梱の封筒に入れてポストへ投函してください。
専門の検査機関で検査を行います。

メールで確認
検査結果速報が、携帯電話、スマートフォンに届きます。その後、アドバイス・コメント付き検査結果シートが郵送で届きます。検査結果はサーバーに保管され、いつでも確認ができます。


【免責事項】
DEMECAL血液検査キットは、各検査項目を測定するスクリーニング(ふるい分け)検査を目的としています。
特定の病気を診断するものではありません。確定診断を行う場合は、医療機関で受診することをおすすめします。


※検査キットの代金には、検査費用も含まれております。その他の費用がかかることはありません。
※こちらの商品はメーカー直送となります。